シワ・たるみ・シミ・くすみ…40代の肌の悩みを解決する基礎化粧品ガイド

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で本当に肌は変わる!?

検証レポート

TOP » 40代・年齢肌のお悩み別スキンケア法 » 肌荒れ

肌荒れ

肌を気にするミドルの女性

大人ニキビや毛穴の開きなど、40代になるとさまざまな肌荒れにも悩まされます。ここでは肌荒れの原因や、症状別の基礎化粧品の選び方などを調査しました。

大人ニキビに毛穴の開き…40代肌荒れの原因とは

大人ニキビや毛穴の開きなどの肌荒れの症状は、そのほとんどの原因が「肌の乾燥」と言っても過言ではありません。

40代は肌の乾燥が急激に進む!原因は角層の水分量にあり

角層とは皮膚の一番外側にある組織で、セラミドや天然保湿因子という潤い成分を蓄え、外部の刺激から肌を守る役割を持っています。

セラミド・天然保湿因子を合わせた角質の水分量は30代から緩やかに減少し、40代から急激に減少します。40代の角質水分量は、20代と比べると半分近くだという説も。潤いを保つ力が低下し、水分量が少なくなった角層は、肌荒れなどのトラブルが起きやすくなってしまうのです。

40代の肌荒れはターンオーバーの低下も原因になる

40代は、肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)の低下が急激に進む年代でもあります。ターンオーバーが遅れてしまうと、古い角質が肌の表面に残ってしまい、角質が厚くなってしまいます。角質が厚いままだと、化粧品の保湿成分が届かないため余計に肌の乾燥が進んでしまうのです。40代の肌荒れケアは、角質の乾燥と肥大化の2つにアプローチを行いましょう。

肌の水分不足で大人ニキビができやすくなる理由

大人ニキビですが、思春期の頃のニキビとは違い、あごやフェイスラインなど、とくに肌が乾燥しやすい場所に発生します。原因は一概には言えず、ホルモンバランスの乱れやストレスなども影響するようですが、どの場合にせよ、ニキビができやすい環境を生み出す元凶が、加齢による肌の水分不足なのだそうです。

水分が不足することで、お肌の新陳代謝は低下します。その結果、古い角質や汚れが剥がれ落ちず、大人ニキビとなって炎症を起こしてしまうようです。また、毛穴の開きも同様、10代の頃とは違い、乾燥が原因で皮膚がたるみ、毛穴が目立ってしまう場合が多いと言われています。

40代の肌荒れに効果的なスキンケア

40代になってからの肌荒れは、今までの間違ったスキンケアが原因の場合もあるそうです。症状別に化粧品の選び方をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

ニキビ

ニキビを改善するためには、肌を清潔に保つことと肌の新陳代謝を高めることがポイント。クレンジングはしっかり汚れが落ちるタイプを選び、基礎化粧品は代謝を向上させるのに有効なものを選ぶのがおすすめです。肌の新陳代謝を高めるレチノール(ビタミンA誘導体)・EGF・プラセンタ・フラーレンをはじめとする美白成分を配合したコスメも効果的だといわれています。

毛穴の開き

皮膚のたるみが原因で起こる毛穴の開きには、コラーゲンといったアンチエイジング成分や、引き締め効果のある植物エキスを配合した化粧品がおすすめ。半身浴で充分に毛穴を開かせたあとに保湿ケアをすればより効果を高められます。

乾燥による赤み・粉ふき

乾燥が原因で肌に赤みが出たり、白く粉をふいたりしている時は、肌への刺激が少ない化粧品を選んでください。もともと体内にあるヒアルロン酸やコラーゲンなどから作られたコスメや、刺激から肌を守るセラミド配合コスメなどがおすすめです。

角質化・角質症

過度な刺激によってタコのように肌が角質化した場合は、肌を柔らかくした上で油分を補うケアが有効的です。保湿力や浸透力が高く、ターンオーバーを促してくれる成分(プラセンタやレチノールなど)が入った化粧品を選びましょう。改善されるまでに少し時間がかかるので、気長にケアしてみてくださいね。

リンパマッサージで肌荒れを改善!

肌荒れの解消にはリンパマッサージも有効です。リンパマッサージを行なうことで血流が良くなり、新陳代謝が活発になるからです。つまり、肌に悪影響を及ぼす老廃物を排出して、身体のすみずみまで栄養を行き届かせられるということ。

代謝が高まれば皮膚の再生も速まるため、肌荒れに悩まされているならリンパマッサージが効果的なのです。

肌のバリア機能も強化されるので、紫外線からのダメージを抑えることもできます。ただし、リンパマッサージにはコツがあり、リンパの流れに沿うことが大切です。自分でマッサージする時はリンパの流れを意識して行ないましょう。

食事を見直して肌荒れを生活習慣で改善!

人参とかぼちゃ

今の自分の体は基本的に、食べた物で作られています。肌荒れを改善する上でも、食生活の見直しはとても大切なことなのです。それぞれの肌の状態に合った食べ物を紹介します。

乾燥肌に有効な食材

乾燥肌予防は保湿とターンオーバーの促進がカギ

乾燥肌対策として最も重要なことは、肌の保湿を心がけることです。そこでカギとなるのが、コラーゲン。化粧品やサプリメントにも含まれる成分です。コラーゲンは真皮という皮膚組織を構成する成分で、その割合は約70%を占めています。

保水力が高いため、肌のうるおい以外にもしわやたるみ予防に効果を発揮すると言われています。

体内で生成できるコラーゲン量は限りがある上に、年齢とともに生成量が減ってしまいます。コラーゲン生成量の減少は40代前後から始まるため、エイジングケアとして40代前後からコラーゲンを摂取していくように心がけると良いでしょう。

ニキビ肌に有効な食材

ニキビ対策は皮脂コントロールが肝心!紫外線対策も忘れずに

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1種・卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲストステロン)の2種類があります。

ニキビに大きな影響を与えるのは、黄体ホルモン。黄体ホルモンには皮脂の分泌を促進させる働きがあるため、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまいます。その中で肌の常在菌であるアクネ菌が増殖、ニキビができやすくなってしまうのです。

対して卵胞ホルモンは、皮脂の分泌を抑える働きをもっています。そのため、卵胞ホルモンと似た働きを有する大豆イソフラボンを摂取することはニキビ対策に役立つのです。

肌の皮脂をコントロールすることも、ニキビ対策で大切なことです。

皮脂コントロールに役立つのが、ビタミンB6とビタミンE。ビタミンB6は皮脂の代謝を促す働きを持ち、ビタミンEは血行を促進させてニキビの回復を早める働きを持つと言われています。[注1]

紫外線による肌荒れに有効な食材

リコピンは加熱すると吸収率が高まる

リコピンは紫外線対策に欠かせない栄養素で、日焼けを軽減する働きを持っています。加熱すると吸収率が高まるので、野菜ジュースなどで摂取するのがお勧めですね。

肌のターンオーバーに有効な食材

たんぱく質と鉄分・ビタミンでターンオーバーを整える

ビタミンAは新陳代謝を促し、ビタミンCとビタミンEは抗酸化作用を高める働きを持つと言われています。抗酸化作用とは、細胞の働きが低下する「酸化」を防ぐ働きのこと。肌の細胞が酸化するとターンオーバーが遅くなるため、抗酸化作用を高める必要があるのです。[注1]

また、鉄分は体の隅々まで酸素を届ける働きを持ち、肌細胞を健康に保つのに役立つ栄養素です。

そしてたんぱく質は、肌やコラーゲンを作る元になる栄養素。肌のターンオーバーは、たんぱく質と鉄分・ビタミンのバランスによって保たれているのです。

肌のケアに有効な食材を摂ることで、体の内側から根本的に解決できます。たくさんある食材の中から有効な成分をすべて摂取するのは難しいため、サプリメントを利用するのも良いかもしれません。

化粧品と食事の両方から肌にアプローチをかけ、ハリつやのあるキレイな肌にしていきましょう。

[注1]日本女子大学健康サポートグループ:肌トラブル解消におすすめの食品

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で
本当に肌は変わる!?

検証レポート

今注目の成分レチノール
40代のお肌
革命を起こす!?

ホントに肌は変わる??

実体験レポート

img

管理人3人が、自腹で(笑)お試しセットやスターターセットを購入してレポート!2週間~20日でお肌は変わったのでしょうか!?

使用前後を見る
どうやって選ぶ?
40代
基礎化粧品