シワ・たるみ・シミ・くすみ…40代の肌の悩みを解決する基礎化粧品ガイド

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で本当に肌は変わる!?

検証レポート

TOP » 40代・年齢肌のお悩み別スキンケア法 » シワ・たるみ

シワ・たるみ

しわを気にする女性

老け顔の最大の要因と言えるシワやたるみは、40代の内に解消しておきたいところ。シワやたるみができる原因を調査して、効果的な成分やケア方法などの対策をまとめました。

シワやたるみができる原因って?

加齢によってシワやたるみができる主な原因は、肌の保湿成分が減少してしまうことと言われています。

代表的な成分が、コラーゲンやヒアルロン酸など。本来、ヒアルロン酸やコラーゲンは、私たちのお肌の真皮に存在して、ハリや弾力を支えている成分です。

人の皮膚は二重構造になっている

人の肌は、表皮と真皮の二重構造になっています。肌の一番外側の角層、その下にある角質細胞、その下の基底層までが表皮。基底層の下からは、真皮と呼ばれています。

表皮の役割は、外部の刺激から肌を守ると同時に、肌の水分の蒸発を防ぐこと。真皮の役割は、肌の土台となり、潤いやハリを保つことです。

真皮をスポンジに例えると、輪郭をつくる編み目状の成分がコラーゲン、中で水分を保つのがヒアルロン酸という役割だそう。どちらが欠けても、お肌の弾力は低下してしまいます。

これらの成分は、若いときは充分な量があるそうですが、歳を取るごとにどんどん減少してしまうもの。その結果、お肌は弾力を保つことができなくなり、表面にシワやたるみとなって現れてしまうのです。

潤い成分+アンチエイジング成分で
シワを撃退!

シワやたるみを改善するには、加齢で失われた潤い成分を補給するのが一番です。中でも化粧品から積極的に取り入れたい成分は…

など。まずはコラーゲンやヒアルロン酸をダイレクトに肌に与えて、様子を見るのが良いかもしれませんね。

ただし、これらの成分は通常のままでは粒子が大きく、化粧品からは吸収しにくい成分でもあります。ですので、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン…など、分子の大きさが異なる成分をいくつか配合した化粧品などがおすすめです。

コラーゲンが減少するとシワやたるみに繋がる

減少するとシワやたるみの原因に繋がるコラーゲンは、真皮の約70%を占める成分。タンパク質でできていて、エラスチンという繊維でつながっています。コラーゲンとエラスチンの間を埋めるように存在するのが、ヒアルロン酸。真皮の構造は、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの3つの成分でできています。[注1]

人の体内に存在するコラーゲンの中で、シワの形成に深く関わるコラーゲンは、2種類。表皮の一番下にあるⅣ型コラーゲンと、真皮にあるⅠ型コラーゲンです。

この2つのコラーゲンが、肌を支える土台となってハリを保っているのです。

コラーゲンを作り出すのは、線維芽細胞という組織。実は、線維芽細胞の働きは、年齢とともに低下してしまいます。それに伴って、皮膚のコラーゲン量が減少ししわやたるみが目立つようになります

また、紫外線などのダメージを受けた肌は、コラーゲン分解酵素が働いて、コラーゲン量が減少します。若いうちは、コラーゲンの生成でダメージを修復できるのですが、加齢により生成が低下した肌は、ダメージの回復が遅れてしまいます。その結果が、シワやたるみとなって表れます。[注2]

ヒアルロン酸が減少すると肌のハリがなくなる

肌のハリに関係するヒアルロン酸は、体の至るところに存在する成分です。主な役割は、水分を保持し、乾燥を防ぐこと。真皮の中にあるヒアルロン酸は、肌の隙間を満たすように存在しています。しかし、ヒアルロン酸が減少すると、真皮に隙間ができてしまい、ハリが失われていきます。

コラーゲンと同様、ヒアルロン酸も加齢とともに減少していきます。ヒアルロン酸は、30代ごろからゆっくり減少し始め、40代に差し掛かると急激に減っていきます。[注3]

加齢によって失われていくコラーゲン・ヒアルロン酸は、スキンケアなどで補う必要があります。早いうちから保湿ケアを心がければ、エイジングケアができます。ヒアルロン酸とコラーゲンが減少傾向に入る、25~30歳の間に、スキンケアの見直しを行いましょう。

活性酸素を除去する成分で肌の老化を防ぐ

シワやたるみを作り出す原因である、活性酸素の増加を抑え老化を防ぎましょう

活性酸素は、肌をダメージから守ると同時に、コラーゲンを破壊しまう厄介なもの。ハリのある肌を保つには、活性酸素を抑えるための抗酸化力が必要です。

抗酸化力を高める成分は、レチノール、フラーレン、コエンザイムQ10、プラセンタの4つ。中でもフラーレンは、ビタミンCの125~250倍の抗酸化力を持つ成分です。紫外線に強く、体の中に長時間とどまるので、安定した抗酸化効果を発揮します。[注4]

コエンザイムQ10は、人の体内で合成される成分です。加齢とともに減ってしまう上に、紫外線や熱で分解されやすいのが弱点。それを補うべく、安定性を高めた食品や化粧品が開発されています。[注5]

プラセンタは、哺乳動物の胎盤を意味する言葉です。化粧品や注射として用いられることが多く、豚や馬、人の胎盤が使用されます。プラセンタは非常に栄養価が高く、アミノ酸・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどを含みます。坑ストレスやホルモン調節作用もあるため、健康維持にも役立ちます。[注6]

また、肌の老化を遅らせてくれるアンチエイジング成分「レチノール」も一緒に補給すれば、内側から弾力のある若返り肌を手に入れることができそうです。

レチノール(ビタミンA誘導体)の効果

ビタミンA誘導体であるレチノールは、コラーゲンやヒアルロン酸などを作る「線維芽細胞」の働きを促してくれます。線維芽細胞が活性化することで肌のハリ・弾力がよみがえり、シワ・たるみの解消が見込めるのです。

レチノールにも「レチノイン酸」や「パルミチン酸レチノール」など細かい種類があります。それぞれ作用や濃度が異なるのが特徴です。レチノイン酸はビタミンA誘導体としての効果が非常に高いものの、刺激が強いため、医師の処方箋が必要になります。そんなレチノイン酸と比べて、低刺激で安定しているのがパルミチン酸レチノール。化粧品によく配合されているレチノールなのです。

セルフマッサージで
シワ・たるみを改善!

シワと一口に言っても、目尻、口元、ほうれい線…と症状が出る箇所は人によってさまざま。最適なお手入れ方法も変わってきます。

目尻や目元全体のシワは、顔の中でもとくに皮膚が薄い部分なので、丁寧にケアすることが大切です。間違っても無理にシワを伸ばそうと、強めにマッサージをするのはNG。逆にシワを増やしてしまいます。

ほうれい線をはじめとする口周りのシワには、充分な保湿ケアの他に、口元を引き締めるエクササイズやマッサージも効果的です

目元のシワに効くセルフマッサージ

  1. 人差し指を目尻に置きます。
  2. 目尻から内側に向かってやさしく撫でるようにほぐします。この時、親指はこめかみの近くに置くと、余計な力が入らないのでおすすめ。
  3. 3回くらいマッサージしたら美容液を塗り、成分を浸透させましょう。目元へのアプローチはこれで完了です。

ほうれい線のシワに効く
セルフマッサージ

  1. 顔用のマッサージクリームを顔全体に塗ります。
  2. 顔のむくみ・たるみをとるために軽く指圧してください。
  3. 両手の中指と薬指で、アゴの中央部分を数回ゆっくり押します。
  4. 中指と薬指を使って唇の両端を数回押しましょう。
  5. 再びアゴの中央部分に中指と薬指を置いて、目の下(中央あたり)まで指をやさしく滑らせてください。
  6. 同じ要領で、アゴの中央部分から輪郭に沿って、こめかみまでやさしくなぞりましょう。これでほうれい線へのアプローチは完了です。

ビタミンが豊富な食材でたるみを改善!

シワやたるみが気になるなら、ヒアルロン酸やレチノールが含まれた化粧品を上手に活用するのが一番です。ただ、食事にも気を遣えると、よりこれらの成分の効果を高めることができますよ。

ビタミンCはパプリカやブロッコリー、ビタミンEはサバやナッツ類、かぼちゃなどに多く含まれています。レチノールは、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜、レバー、ウナギなどに多く含まれています。ぜひ積極的に摂取してみてください。

[注1]大塚製薬:知っておきたい肌(皮膚)のしくみ

[注2]再春館製薬所:自己回復力でシワを防ぐ 第1話 シワができる原因とは?

[注3]キユーピー株式会社:おしえて!キユーピーヒアルロン酸のこと。

[注4]株式会社アデランス:フラーレンの抗酸化力は未知なる可能性を秘めている

[注5]日本油脂株式会社:コラゲナーゼ産生を抑制するコエンザイムQ10配合リポゾーム [pdf]

[注6]株式会社UTP ー ユニバーサルトランセンドプランニング:安心してプラセンタを使う

>>今注目のレチノール特集はこちら

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で
本当に肌は変わる!?

検証レポート

今注目の成分レチノール
40代のお肌
革命を起こす!?

ホントに肌は変わる??

実体験レポート

img

管理人3人が、自腹で(笑)お試しセットやスターターセットを購入してレポート!2週間~20日でお肌は変わったのでしょうか!?

使用前後を見る
どうやって選ぶ?
40代
基礎化粧品