40代基礎化粧品ランキング » 年齢肌のお悩み別スキンケア法 » シワ・たるみ

シワ・たるみ

老け顔の最大の要因と言えるシワやたるみは、40代の内に解消しておきたいところです。

シワやたるみができる原因を調査して、効果的な化粧品の選び方、パーツ別のお手入れ方法などをまとめました。

シワやたるみができる原因って?

加齢によってシワやたるみができる主な原因は、肌の保湿成分が減少してしまうことと言われています。

代表的な成分が、コラーゲンやヒアルロン酸など。本来、ヒアルロン酸やコラーゲンは、私たちのお肌の真皮に存在して、ハリや弾力を支えている成分です。

真皮をスポンジに例えると、輪郭をつくる編み目状の成分がコラーゲン、中で水分を保つのがヒアルロン酸という役割だそう。どちらが欠けても、お肌の弾力は低下してしまいます。

これらの成分は、若いときは充分な量があるそうですが、歳を取るごとにどんどん減少してしまうもの。その結果、お肌は弾力を保つことができなくなり、表面にシワやたるみとなって現れてしまうのです。

潤い成分+アンチエイジング成分でシワを撃退!

シワやたるみを改善するには、加齢で失われた潤い成分を補給するのが一番です。中でも化粧品から積極的に取り入れたい成分は…

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • フラーレン
  • コエンザイムQ10
  • プラセンタ

など。まずはコラーゲンやヒアルロン酸をダイレクトに肌に与えて、様子を見るのが良いかもしれませんね。

ただし、これらの成分は通常のままでは粒子が大きく、化粧品からは吸収しにくい成分でもあります。ですので、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン…など、分子の大きさが異なる成分をいくつか配合した化粧品などがおすすめです。

また、肌の老化を遅らせてくれるアンチエイジング成分も一緒に補給すれば、内側から弾力のある若返り肌を手に入れることができそうです。

目元、口元…パーツ別にお手入れ方法もさまざま

シワと一口に言っても、目尻、口元、ほうれい線…と症状が出る箇所は人によってさまざま。最適なお手入れ方法も変わってきます。

まず、目尻や目元全体のシワですが、顔の中でもとくに皮膚が薄い部分のため、より丁寧にケアすることが大切です。美容液を多めにとって指で馴染ませたり、パックで集中ケアをするのも良いかもしれません。間違っても無理にシワを伸ばそうと、強めにマッサージをするのはNG。逆にシワを増やしてしまいます。

また、ほうれい線をはじめとする口周りのシワには、充分な保湿ケアの他に、口元を引き締めるエクササイズやマッサージも効果的だそう。どちらにしても、しっかりとお肌に潤いを与えることが、顔全体の弾力アップの鍵と言えるようです。

PICKUP
40代向け基礎化粧品おすすめBEST3
  • ドクターシーラボ
    ドクターシーラボ
    引用元:ドクターシーラボ公式HP
    https://www.ci-labo-shop.com/
    1ヶ月分の
    費用目安
    8,640
  • RAS COSME
    (ラスコスメ)
    RAS COSME
    引用元: RAS COSME公式HP
    http://ras-cosme.jp/user_data/lpforty.php?utm_source=basiccareitem
    1ヶ月分の
    費用目安
    6,800
  • ドモホルンリンクル
    ドモホルンリンクル
    引用元: ドモホルンリンクル公式HP
    http://www.saishunkan.co.jp/
    1ヶ月分の
    費用目安
    17,434