シワ・たるみ・シミ・くすみ…40代の肌の悩みを解決する基礎化粧品ガイド

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で本当に肌は変わる!?

検証レポート

TOP » 40代・年齢肌のお悩み別スキンケア法 » ほうれい線

ほうれい線

年齢を重ねるにつれて目立ってくる「ほうれい線」。深くくっきりと現れてしまった場合、実際の年齢より上に見られることも。ここでは、肌のハリツヤをキープするために大切なほうれい線の対策を紹介していきます。

ほうれい線の原因と対策

ほうれい線と一口に言っても、20~30代に見られるものと、40~50代で現れるものでは主な原因が違うため、有効な対策やケアも違ってきます。

ほうれい線は、一般的に30代で鼻の脇あたりに見られ、40代で口元まで伸び、50代で2~3本の分線が見え始め、70代でアゴにも現れると言われています。

しかし、ここでの年齢はあくまでも目安です。もし40代でも分線が見え始めていたら50代のケアが必要ですし、鼻の脇あたりまでのほうれい線であれば、30代のケアでも十分な改善効果が期待できます。まずは、自分のほうれい線の原因を知ることから始めましょう。

浅いほうれい線

浅いほうれい線の多くは、肌の乾燥や紫外線によるダメージ、急激なダイエットなどでできてしまった、いわゆるシワなのです。

シワのできる原因は、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンの分解と減少。40代になると、自分自身でコラーゲンを生成する力が減ってしまっているのです。

今以上に、ほうれい線を深くしないためには、紫外線対策と保湿ケアを心がけましょう。

深いほうれい線

40代になると急激なコラーゲンの減少に加え、リンパの滞りや顔の筋肉(表情筋)の衰えも始まります。そのため、40~50代ではたるみによるほうれい線が目立つようになります。

浅いほうれい線とは違って、頬の筋肉が重力に負け下がってくるのが主な原因なので、肌の表面のケアだけでは、十分な改善効果は得られません。

真皮を支えるコラーゲン・エラスチンの生成を促すエイジングケア用の化粧品や、リンパの流れを促し顔の筋肉の衰えを防ぐエクササイズが有効です。

【種類別】ほうれい線に合わせた
スキンケア

ほうれい線の状態別に、スキンケアの仕方と対策を紹介していきます。

浅いほうれい線

ほうれい線が浅い方には、「保湿ケア」と「紫外線対策」が効果的です。

保湿ケア

保湿といってもさまざまな方法があります。肌表面に潤いを与えて水分の蒸発を防ぐのに効果的なのが、保湿成分を配合した基礎化粧品を取り入れる方法です。保湿成分の中でも、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸は肌にうるおいを与えて逃がさないようにしてくれます。そのため、これらの成分が配合されている化粧品を使用すると◎。

紫外線対策

紫外線は日焼けだけでなく、肌のハリや弾力を保っている細胞にダメージを与え、肌を乾燥させてしまいます。紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めを必ず使用しましょう。「SPF35以上」「PA+++以上」の日焼け止めを薄く3度塗りするのがおすすめです。

深いほうれい線

40代にさしかかると深くなってくるほうれい線には、「コラーゲンの生成を促すケア」と「乾燥対策」が効果的です。

コラーゲンの生成を促すケア

肌にハリや弾力を与えることが、深いほうれい線への対策になります。そのため、コラーゲンの生成を促すためのケアは必要不可欠。コラーゲンの生成を促進させる成分である、レチノール(ビタミンA誘導体)やビタミンC誘導体が配合された化粧品を使用するようにしましょう。

日中の乾燥対策

乾燥はほうれい線の深刻化を招きます。できるだけ肌を乾燥させないためにも、朝晩のスキンケアだけではなく、日中も意識的に保湿をしてください。

日中の保湿ケアとしておすすめなのは、メイクの上からでも使用できる保湿美容液です。とくに、スティック状になっている美容液が便利。乾燥している部分を気づいた時にすぐ保湿できるので、乾燥によるほうれい線を防ぐことができます。

エクササイズでほうれい線を改善!

表情筋の衰えによって頬のたるみが起こります。それがほうれい線を目立たせる原因のひとつです。頬のたるみを改善するにはエクササイズが効果的。空いた時間で簡単にできるエクササイズを紹介します。

舌回しエクササイズ

舌を回すだけの簡単なエクササイズ。ほうれい線だけでなく、小ジワや二重アゴなどにも効果が期待できます。

  1. 口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿ってゆっくりと回す。
  2. 左回りに20回、右回りに20回で1セットとしてカウントする。
  3. この流れを3セット行なう。

ほうれい線を解消するには、表面からは刺激できない深部の筋肉に働きかける必要があります。舌回しエクササイズをしてみると、想像以上に疲れるでしょう。これは普段あまり使われていない、首から上の筋肉を刺激できている証拠です。

また、舌回しエクササイズをすると、200ヵ所ほど存在しているリンパ節も刺激できます。リンパの流れが良くなると、ほうれい線だけではなく、シミやむくみの解消にも繋がりますよ。

割りばしエクササイズ

割りばしを使い、表情筋を鍛えるエクササイズです。表情筋を鍛えることによって、ほうれい線を解消します。

  1. 割りばしを口にくわえる。
  2. 上下の唇をつけたまま「いー」と唇を横に引き、そのまま5秒間キープ。
  3. 唇をつけたまま、口角だけを「にっ」と上げて微笑み、5秒間キープ。
  4. 最後に口角を上げ、歯を見せて笑う。
  5. この流れを1セットとして、1日に3セット行なう。

慣れないうちは、割りばしをくわえた状態をキープすることから始めてみましょう。

エクササイズは1~2回やっただけでは大きな改善効果を得られないものの、続けることで以前との違いを感じられるようになります。

ほうれい線は放っておくとどんどん深くなり、改善が難しくなってくるもの。毎日きちんとケアをして、年齢を感じさせない口元をキープしてくださいね。

食習慣を見直すことでほうれい線の悩みを改善!

体の外からほうれい線をケアするなら化粧品を利用するのが手っ取り早い方法です。ただ、一刻も早くほうれい線を改善するために、今やれることはとにかくやっておきたいですよね。ここでは、食材や食事法を見直す「ほうれい線ケア」についてご紹介します。

ほうれい線に効く食材

コラーゲンで肌のハリを取り戻す食材

肌にハリを与えてくれる食材は、バター、牛乳、卵、肝油、強化マーガリンなどです。これらにはレチノールが豊富に含まれているため、肌の新陳代謝を活性化させコラーゲンの生成を助けてくれます。

ツヤ肌に必要な保湿力を高める食材

肌の保湿力を高めてくれる食材は、大豆イソフラボンを含む納豆やセラミドを含むコンニャク、しらたきなどです。ポリフェノールの一種で抗酸化作用があるためアンチエイジングに効果的だといえます。

新陳代謝の促進でほうれい線を改善する食材

新陳代謝を高める食材は、ポリフェノールを含む明日葉(あしたば)、アミノ酸の一種であるシトルリンを含むきゅうり、ビタミンPを含む玉ねぎなどがあります。また肌のターンオーバーを促進してくれるレチノールを摂るには鶏や豚、牛のレバーが最適です。

ほうれい線に効く食事法

食事の際に心がけたいのは、よく噛んで食べること。あまり噛まずに食事をすると顔の筋肉が衰えてしまいます。ガムやスルメを使って表情筋をトレーニングするのもおすすめ。左右非対称なほうれい線にならないためには、左右でバランスよく噛むことが大切です。

注意すべき食べ物

糖分の多い菓子や清涼飲料水、動物性脂肪や揚げ物などには注意が必要です。過剰に摂ると肌のコラーゲンが破壊されてしまい、ほうれい線を目立たせてしまいます。できるだけ控えるように心がけてください。

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で
本当に肌は変わる!?

検証レポート

今注目の成分レチノール
40代のお肌
革命を起こす!?

ホントに肌は変わる??

実体験レポート

img

管理人3人が、自腹で(笑)お試しセットやスターターセットを購入してレポート!2週間~20日でお肌は変わったのでしょうか!?

使用前後を見る
どうやって選ぶ?
40代
基礎化粧品