40代基礎化粧品ランキング » 年齢肌のお悩み別スキンケア法 » 40代のほうれい線対策

40代のほうれい線対策

年齢を重ねるにつれて目立ってくる「ほうれい線」。深くくっきりと現れてしまったほうれい線は、実際の年齢より上に見られるなど、見た目に大きく影響してくる部分でもあります。

若々しい見た目をキープするために大切な、ほうれい線の対策を紹介していきます。

ほうれい線の原因と対策

ほうれい線と一口に言っても、20~30代に見られるものと、40~50代で現れるものでは主な原因が違うため、有効な対策やケアも違ってきます。

ほうれい線は、一般的に30代で鼻の脇あたりに見られ、40代で口元まで伸び、50代で2~3本の分線が見え始め、70代でアゴにも現れると言われています。

しかし、ここでの年齢はあくまでも目安です。もし40代でも分線が見え始めていたら50代のケアが必要ですし、鼻の脇あたりまでのほうれい線であれば、30代のケアでも十分な改善効果が期待できます。まずは、自分のほうれい線の原因を知ることからはじめましょう。

年代別のほうれい線の原因と対策を紹介します。

20~30代のほうれい線(浅いほうれい線)

20~30代のほうれい線の多くは、肌の乾燥や紫外線によるダメージ、急激なダイエットなどで出来てしまった、いわゆるシワなのです。

シワの出来る原因は、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンの分解と減少ですが、20~30代前半であれば、自分自身でコラーゲンを生成する力があります。

今以上に、ほうれい線を深くしないためには、紫外線対策と保湿ケアを心掛けましょう。

40~50代のほうれい線(深いほうれい線)

40代になると急激なコラーゲンの減少に加え、リンパの滞りや顔の筋肉(表情筋)の衰えもはじまります。そのため、40~50代ではたるみによるほうれい線が目立つようになります。

20~30代に見られるほうれい線とは違って、頬の筋肉が重力に負け下がってくるのが主な原因なので、肌の表面のケアだけでは、十分な改善効果は得られません。

真皮を支えるコラーゲン・エラスチンの生成を促すエイジングケア用の化粧品や、リンパの流れを促し顔の筋肉の衰えを防ぐエクササイズが有効です。

「種類別」ほうれい線に合わせたスキンケア

ほうれい線には、年代別に「浅いほうれい線」と「深いほうれい線」の2種類があり、原因と対策の内容も違うことがわかりました。

そこで、ここではほうれい線の状態別に、スキンケアの仕方と対策を紹介していきます。

浅いほうれい線(主に20~30代)

浅いほうれい線には、「保湿ケア」と「紫外線対策」が効果的です。

  • 保湿ケア

    保湿といっても様々な方法がありますが、肌表面に潤いを与えて水分の蒸発を防ぐためのケアとして効果的なのが、保湿成分を配合した化粧品を取り入れる方法です。

    保湿成分の中でも、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸は肌に潤いを与えて逃がさないようにする働きが高い成分なので、これらが配合されている化粧品を使用するようにしましょう。

  • 紫外線対策

    紫外線は肌を日焼けさせるだけでなく、肌のハリや弾力を保っている細胞にダメージを与え、肌表面を乾燥させてしまいます。紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めは欠かさずに使用しましょう。

    SPF35~50、PA+++~++++の日焼け止めを、薄く3度塗りするのがおすすめです。

深いほうれい線(主に40~50代)

深いほうれい線には「コラーゲンの生成を促すケア」と「乾燥対策」が効果的です。

  • コラーゲンの生成を促すケア

    深いほうれい線など、肌にハリや弾力を与えたい場合には、コラーゲンの生成を促すためのケアが必要不可欠です。

    コラーゲンの生成を促進させる成分である、レチノールやビタミンC誘導体が配合された化粧品を使用するようにしましょう。

  • 日中の乾燥対策

    日中の乾燥は、ほうれい線の悪化を招きます。できるだけ肌を乾燥させないためにも、朝晩のスキンケアだけではなく、日中も意識的に保湿をしていきましょう。

    日中の保湿ケアとしておすすめは、メイクの上からでも使用できるスティック状の保湿美容液です。乾燥している部分をピンポイ ントで保湿できるので、乾燥によるほうれい線を防ぐことができます。

ほうれい線に効果的なエクササイズ

表情筋の衰えにより頬がたるんだ状態がほうれい線を目立たせる原因の1つですが、この頬のたるみを改善するにはエクササイズが効果的です。

以下に、空いた時間で簡単にでき、効果も高いエクササイズを紹介します。

舌回しエクササイズ

舌を回すだけの簡単なエクササイズですが、ほうれい線だけでなく、小ジワや二重アゴなどにも効果が期待できます。

  1. 口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿ってゆっくりと回します。
  2. まずは、左回りに20回
  3. 次は、右回りに20回

以上を1セットとして、1日に3セット行います。

ほうれい線を解消するには、表面からは刺激できない深部の筋肉に働きかける必要があります。実際に舌回しエクササイズをしてみると、想像以上に疲れるかと思います。これは普段あまり使われていない、首から上の筋肉を刺激できている証拠です。

また、舌回しエクササイズをすると、200個近くあるリンパ節も刺激することができます。リンパの流れが良くなると、ほうれい線だけではなく、シミやむくみの解消にもつながります。

割りばしエクササイズ

割りばしを使い、表情筋を鍛えるエクササイズです。表情筋を鍛えることによって、ほうれい線は解消されていきます。

  1. 割りばしを口にくわえる
  2. 上下の唇をつけたまま「いー」と唇を横に引く
  3. そのまま5秒間キープ
  4. 唇をつけたまま、口角だけを「にっ」と上げて微笑み、5秒間キープ
  5. 最後に口角を上げ、歯を見せて笑う

以上を1セットとして、1日に3セット行います。

舌回しエクササイズと同様に、普段使っていない筋肉を刺激するので、こちらのエクササイズも想像以上に疲れるかと思います。

割りばしを口にくわえるだけでも効果はありますので、慣れないうちは、割りばしをくわえた状態をキープすることから始めてみましょう。

ちょっとした時間にできる、簡単なエクササイズを紹介させていただきました。ほうれい線が気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

今回ご紹介したスキンケアやエクササイズは、1~2回やっただけでは大きな改善効果は得られないものの、続けることで明らかに差がでてきます。

ほうれい線は放っておくと、どんどん深くなり改善も難しくなってしまいます。ぜひ今日から毎日のケアに取り入れて、年齢を感じさせない口元をキープしてくださいね。

PICKUP
40代向け基礎化粧品おすすめBEST3
  • ドクターシーラボ
    ドクターシーラボ
    引用元:ドクターシーラボ公式HP
    https://www.ci-labo-shop.com/
    1ヶ月分の
    費用目安
    8,640
  • RAS COSME
    (ラスコスメ)
    RAS COSME
    引用元: RAS COSME公式HP
    http://ras-cosme.jp/user_data/lpforty.php?utm_source=basiccareitem
    1ヶ月分の
    費用目安
    6,800
  • ドモホルンリンクル
    ドモホルンリンクル
    引用元: ドモホルンリンクル公式HP
    http://www.saishunkan.co.jp/
    1ヶ月分の
    費用目安
    17,434