シワ・たるみ・シミ・くすみ…40代の肌の悩みを解決する基礎化粧品ガイド

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で本当に肌は変わる!?

検証レポート

TOP » 【特集】今注目の成分レチノールは40代のお肌に革命を起こす!? » レチノールに注意点はある?

レチノールに注意点はある?

美肌効果が期待できる一方で、注意点を知らずに高濃度のアイテムを使うと副作用を起こす可能性もあるレチノール。ここでは、はじめてレチノールを使う人が気をつけるべきポイントを解説しています。

選ぶべきは、まず高濃度よりも低濃度

レチノールをはじめて使う場合は、レチノールの濃度が低いマイルドタイプのものを選びましょう。低濃度のレチノールで少しずつ肌を慣れさせてから、濃度を上げていくのがベター。濃度が高いほど刺激が強いので、初心者がいきなり高濃度のレチノールを塗ると肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

レチノイド反応って?

レチノール(ビタミンA)はスキンケアにおいて不可欠なビタミン!しかし、レチノールを使用する上で必ず知っておかなければならないのが「レチノイド反応」です。(レチノール反応って書いているサイトもありますが、正しくはレチノイド反応です)

この反応とはレチノールを皮膚に補給したときに、皮膚がレチノールに対して過敏に反応してしまうことによってまれに起こる反応です。

どのような症状が出る?

レチノール反応は、小さなニキビや赤みが出たり、ほてりや、ムズムズ感を感じることがあります。でも、これらは毒性反応でもアレルギー反応でもないので、皮膚がレチノールに慣れると自然に落ち着きます。

そのためとくに心配する必要はありません。今それだけ肌にビタミンAが不足していたよ、というサインでもあります。

どんな人に症状が出る?

レチノイド反応は誰にでも起こる可能性がありますが、敏感肌の人やアトピー持ちの人はとくに注意が必要です。また今まで肌がかぶれたことない人でも、レチノールの刺激によって肌が赤くなることも。なので、はじめて使用するときはレチノール誘導体(パルミチン酸レチノールなど)を使用した化粧品をおすすめしています。

実は、純粋なレチノールは肌への刺激が強いため、デリケート肌など、肌質によっては使えない場合も…。この点、パルミチン酸とレチノールを結合したレチノール誘導体は、純粋なレチノールに比べて、肌への刺激がマイルド!さらに、従来のレチノールよりも肌への浸透力が格段に高いとされているので、おすすめです。

副作用を避けるために!
how toレチノール化粧品

低濃度のレチノールを選ぶだけでなく、使う前に一度パッチテストを行なうことも副作用を避けるためには重要です。使用後は肌の状態をチェック。肌トラブルが起こっていないようであれば、徐々に使用量を増やしても問題ありません。肌がレチノールの刺激に慣れてくると肌の調子が良くなってきます。このタイミングでレチノールの濃度をアップさせることが可能です。疲れ気味・体調不良の場合は無理をせず、使用をいったんとめることも大切。こまめに肌の調子をチェックして上手にレチノールを使っていきましょう。

40代の肌の救世主!
レチノール化粧品おすすめ3選

注目!

\40代・3人が試した!/

基礎化粧品で
本当に肌は変わる!?

検証レポート

今注目の成分レチノール
40代のお肌
革命を起こす!?

ホントに肌は変わる??

実体験レポート

img

管理人3人が、自腹で(笑)お試しセットやスターターセットを購入してレポート!2週間~20日でお肌は変わったのでしょうか!?

使用前後を見る
どうやって選ぶ?
40代
基礎化粧品